YouTube

YouTube

テーマ

Youtube参入ハードルの低さと継続の難しさ

YouTubeは他のSNSプラットフォームと違い、視聴層が広くリーチができる。動画プラットフォームとしては短いものから長いものまで揃えており、あらゆるジャンルの動画が無料でここまで見れるのはYouTube以外ない。さらに通勤時間やなにか合間でチェックするSNSのタイムラインと違い、YouTubeは10分~1時間弱の尺が多く、プライベート時間の視聴が多い傾向にある。1つの動画で段階的に情報を整理して伝えることができ「映像」「文字」「音声」の3つの情報を届けることできる。

映像を撮り、話し言葉をテロップで文字化して、話し方を工夫するなど工数がかかるため、継続して配信する体力とお金が必要になる。SNSのようにコンテンツがフローで流れるのではなく、動画コンテンツがYouTube内にストックされていくため、先行者のほうが有利な状況になる。参入する業界が少ないほど先行投資が強く働く。

また出演者の多くはそのサービスに深く関わっているスタッフや責任者の場合が多く、本業とは別にリソースを使い、結果がでない状況が続くと活動を継続するのが難しくなる。いかに動画を制作し続けられるか、演者の負担を最小限にしつつ、いかに専門性とエンタメ要素を成立させるか重要である。動画の企画と合意形成、撮影環境や用意、演者と撮影スタッフの連携と、制作スタッフの連携、など各プロセス毎のディレクション能力とそれを継続的に運営できる人材が必要である。

必要なスキルセット

・YouTubeチャンネルの動画編集の経験
・動画編集チームを統括、ディレクションの経験
・企業に合わせてチャネルの設計、動画企画、制作、運用の経験
・チャンネル登録者数と視聴回数を伸ばした実績
・撮影から動画編集の協力パートナーの有無

関わり方のイメージ

YouTubeチャンネルの設計からアイコン、背景画像の制作。動画の企画から撮影、動画の編集からディティールチェック、最終確認を行い納品。フェーズに応じてKPIを設計し動画やチャンネルの評価を行う。動画内の告知や概要欄を使い商品の宣伝を行うこと商品やサービス購入導線を強化する。他のチャネルとYouTubeからの流入でユーザーのエンゲージメントや購入率の差異を分析する。

WEB相談はこちら 資料請求
戻る