WEB(PPC)広告

WEB(PPC)広告

テーマ

広告代理店から業務委託の変更

これまで多くの企業は広告運用を広告代理店に依頼していることが多かったが、近年では広告運用をフリーランス(個人)に切り替えて依頼するケースや最初の選択肢としてフリーランスに依頼する企業も増えている。

理由としては広告代理店が広告管理画面のKPI(CTR、CPC、CVR)を追求することに特化しており、手数料ビジネスの構造上、以降のKPIに深くタッチできない点があげられる。取引発生までのKPI(BtoBであればCACや販売売上の評価、BtoCであれば有償化、定期購入、LTVなど)が最終的な評価となるため、集客からどのくらい利益に繋がっているか?より深く追求できるパートナーが重宝される。

広告代理店は「広告サービスを売る手数料ビジネス」のため会社が提供している広告メニューのなかでしかソリューションを提供できない。また担当窓口と広告担当が別々で分業性のためプランと実行(コミュケーション)の乖離が受託サイド内に起きやすく結果、発注サイドと受託サイドでも認識の乖離が生まれてしまう。担当窓口の変更や広告運用者が気づいたら変わっており、今までの積み重ねが活き無くなる可能性がある。

フリーランスは「手段に制約がない固定費ビジネス」なので広告運用からサイトのCVR改善、他のマーケティング施策の相談、人材によっては社内教育、事業改善まで相談ができる。また広告運用者と直接やりとりができるため、プランから実行部分のコミュケーションが一貫しておりスピード感をもって連携できる。また会社ではなく個人の実績で選定をおこなえるため、施策の成功確率を高めることもできる。

必要なスキルセット

・リスティング広告の運用
・ディスプレイ広告の運用
・SNS広告の運用
・レポーティング及び改善提案
・メディアプランとKPI設定
・広告クリエイティブの企画からディレクション
・サイト、LPの企画からディレクション
・LPO、サイトのCVR改善の企画からディレクション
・ROAS、ROIの効果計測

関わり方のイメージ

代理店と違い発注企業の広告アカウントで広告運用を行えるため、広告費の可視化やリアルタイムでの経過確認が行える。そのためまずは発注企業の広告アカウント開設、効果計測タグの環境設定をおこなう。同時進行で広告プランのすり合わせをおこない、KPI設定をおこなう。広告開始後はコミュニケーション頻度高く、経過観測時期や安定期でも週1回の定例とチャットコミュケーションで運営が可能。人材の実績レベルによるがフェーズによって広告プランや集客以降のKPI改善プランに移行していき、より売上に近いKPIへの追求までの運営や連携が可能。

WEB相談はこちら 資料請求
戻る