新規事業運営

新規事業運営

テーマ

新規事業に人的リソースがさけない

新規事業は企業規模によって状況は異なる。受託事業で収益化したので自社独自のサービスを設計して利益率の高いサービス、クロスセルできるサービス、継続率の高いサービスなどへの展開を検討する場合の企業。1つの事業が頭打ちになりポートフォリオ的に事業展開をする企業や時流に合わせてITサービスを展開したい企業、大手企業でれば次の大きいマーケットへの進出などもあるだろう。

新規事業となると事業計画から商品開発、商品のマーケティングフィット、集客や購入に至るまでのオペレーション部分、販売してからのフォロー、各部分の人材リソースの用意、計画の乖離の把握、乖離をどう埋めるか?改善ポイントの取捨選択など、「経営レベルの能力」「各領域を横断できる能力」「集客と人材部分の解決能力」など求められる能力をあげればきりがないほど多岐にわたる。次々とでてくる課題に対処していく人材はそう多くはなく、エース級の人材をあてれば話しは早いが、かといって既存事業が傾けば元も子もない。

これまで強みとしていた事業領域を外れて、それを主戦場でやっている企業もいるなかで勝負をしていくので中途半端に参加しても勝ち目はなくなっていく。お金も人材も潤沢にない企業であれば1つ目の事業よりも、1つ目の事業を守りつつ、2つ目の事業を収益化するといったハードルは高くなる。さらに収益化していない事業に新しく人いれるほどのリスクはおかせないとなると運営していくなかで、既存事業がまわらなくなるか、新規事業がまわらなくなるかどこかに歪みがおきる。

そこでおすすめしたいのが業務委託人材だ。まず独立している人材で事業責任者レベルの経験者が多く契約難易度は正社員採用よりもハードルがかなり低い。事業フェーズによって改修しなければいけない領域はことなり立ち上げから運営が得意な人材がいれば、立ち上げがグロースが得意な人材や人材育成と組織づくりやマーケティング全般得意な人材もいる。フェーズによって最適な人材を選定することができるのがメリットだ。よくマーケターに何でも求めてしまい、フェーズにあった得意性とミスマッチが起きることが多々ある。現状把握と事業課題でどこに注力すべきでどのリソースが必要でそのためのスキルセットと人材の趣向性はなにがあうのか?見極めることが極めて重要だ。

必要なスキルセット

・新規事業の資金調達から事業計画書作成、戦略立案、開発、運用。
・既存事業の財務体制、広告体制、顧客管理体制、業務管理体制などの改善。
・マーケティング全般の統括経験
・チャネル毎の運用ディレクション、KPI設計
・マーケティング及びカスタマーサクセス等の組織構築

関わり方のイメージ

事業計画、プロダクト開発、マーケティング及び営業ディレクションなど、まだ何もないところから形にしていく作業全般に関わり協力していく。当然リソースが足りない部分がでてきた時に有効なパートナー探しと選定、そのディレクションや社内人材との連携が必要になってくる。事業計画部分で無理があり実行部分で行き詰まるケースもあるので、計画部分からすり合わせをおこなうことを推奨する。

WEB相談はこちら 資料請求
戻る