マス広告

マス広告

テーマ

中堅上場企業とマス広告

売上が大きくなればなるほどマスを狙った広告やPR戦略が選択肢のセオリーになる。決して安くはないTVCMや大手広告代理店へのコストを考えると専門性のあるコンサルにお金を払うのはそんなに高くはない。特にマスになればなるほど、企業が社会に持たす存在価値、ブランドが重要になってくる。コーポレートブランディングやプロダクト・サービスのブランディング戦略の策定と実行を「広告取引先」ではなく「アドバイザー」と連携して構築し、代理店等の目利き役として活用することが重要である。

必要なスキルセット

・マスブランディングに関わる年間戦略とキャンペーン計画の策定
・ブランドクリエイティブの企画開発と制作ディレクション
・TV、OOH、Webの統合活用メディアプランの策定と運用
・各メディア投資の効率性、効果性の検証・可視化
・ブランドPRの戦略および企画開発と実施
・新規事業、アライアンス、ホールディングスのマーケティングサポート

関わり方のイメージ

担当の商品やサービスなどのマーケティングや事業課題に対して、社内メンバーや外部機関と協力して、提案、実施。主に商品販売拡大に伴い TVCM の制作、メディアの買い付け、タレントのキャスティング、プロモーションの実施など。

WEB相談はこちら 資料請求
戻る