LPO

LPO

テーマ

オンライン広告費の高騰と情報リテラシーの向上

競合の広告予算強化による広告単価の高騰、ユーザーが広告に対する情報リテラシーが向上していることによって、販売者側の下心が見透かされ始めている。衝動買いを煽ったり、ユーザーの心理をハックすることの限界が起きている。また誇大広告や虚偽に近い広告は厳しくなっている。強く煽ったり、わかりやすく数値を前面にだして強く見せたり、そういった文脈のABテストは廃れはじめ、ユーザーが解決したい課題とそれを解決するための共感ストーリーの重要性が高まっている。

商品の売りやコンセプトを投影したのがLPであり、オンライン上の販売員になるので、商品を検討している顧客にどの情報をどのように伝えるべきかテストをおこない、どのような反応があったか分析をすることでクリエイティブを相対的に評価していくことがABテストである。アクションとデータ分析の繰り返し、データから読み取れる顧客の表情を想定し意味を理解することで正しい方針を打ち出すこともLPOで重要なことである。

スピード感と認識の統一化が重要になるので制作とマーケティングに詳しいデザイナー活用を推奨する。

必要なスキルセット

・LPのデザイン、コーディングの経験
・CVRを改善した経験
・ファーストビュー、CTA、フォームの改善パターン豊富さ
・ABテストツールや分析ツール、ヒートマップツールの使用経験
・広告クリエイティブ制作経験
・幅広いマーケティング知識

関わり方のイメージ

ヒートマップ やGA、出稿状況なども踏まえた現LPの分析をから開始。デザインから訴求軸、情報量の調整など様々な角度からの改善施策を洗い出し。デザインの構成案からライティング、デザインまでの制作ディレクション。ABテストの設定や実施、進捗管理を行い、効果検証、レポーティング、次回施策の仮説立てを行い、CVRの改善を積み重ねることで最終的に大きな効果を生む。

WEB相談はこちら 資料請求
戻る