広告運用インハウス化支援

広告運用インハウス化支援

テーマ

顧客理解の限界と管理画面の域を超えられないパートナー企業

これまで広告運用は広告代理店に発注することが多く、1つは事業主側にWebマーケティングの専門性が高い人材がいない、採用市場にそういった人材が流通していないので自社で抱えることができなかった。Web広告の歴史も10年以上が経ち、今は広告運用の経験者が事業主側に転職したり、独立して業務委託として活動する人が増えた。

事業主側のリテラシーが上がったことや媒体側のアップデートにより広告運用の設定が簡略化され内製でも広告運用ができる土壌ができた結果、インハウス化に取り組む企業が増えた。またWebマーケティングが市場で一般化したことにより、広告枠で競合性が高まり、顧客との適切なコミュニケーション、コンテンツの質で勝負する必要性が高まった。自動最適化の広告配信により、1人の顧客にあらゆるサービスが集中してしまい、途中で他のサービスを持ってかれることもある。以前よりCV=新規顧客の獲得になりずらくなっている。

しかし広告代理店の追求はCV数までの領域でその領域を超えることができない。CV数を追求しても新規顧客の獲得(利益化)までに繋がっておらず、KPIは達成できてもKGIの部分で乖離が起きてしまうということは少なくない。広告媒体のハックだけでは限界を迎え、広告枠の取り合いで年々、1CVの広告費は高くなり利益率の悪化が事業運営を苦しめている。

インハウス化で得られるのは広告マージン20%の削減とCV以降も顧客データを追い、長期的にサービスを利用してくれる顧客(LTVが高い顧客)はどのチャネル、クリエイティブで獲得できているのか?追求することで投資対効果を上げることの2点だ。これで「安く顧客を獲得する」から「利益率の高い顧客の獲得」へシフトチェンジできる。顧客獲得単価が高くてもロイヤリティの高い顧客で多くのお金を支払ってくれるのであれば成功で、安く顧客を獲得しても離れやすい顧客で獲得コストを下回ることもありえる。

インハウス化のリスクは広告運用者を採用できない、採用しても広告運用者が離職してしまい継続的な運用ができなくなる点だ。まずは採用よりハードルが低い業務委託人材の活用を推奨する。広告代理店のような広告費20%のマージン制で広告運用だけ関わるスタンスから、業務委託のような固定費制で広告運用からCV以降の分析までサポートしてくれるため結果に繋がりやすい。代理店のように担当者が変わることもないため、長期的なパートナーとして継続性も高く、自社の未経験者への育成も支援してくれるため、長期的にもインハウス運用が継続できる。

必要なスキルセット

・Web広告の運用経験、マネージメントの経験
・広告運用チームの立ち上げ、インハウス支援の経験
・1on1で広告運用の教育、運用者の育成ができる人
・顧客理解、ターゲット選定、コンテンツへの落とし込みが得意
・他部署や他の職種との連携、ディレクション経験

関わり方のイメージ

広告代理店のアカウントで運用している場合は自社専用の広告アカウントの立ち上げ、既存運用の分析を行い成功パターンの設定を移行、計測タグの再設定。自社アカウントを運用開始させ、社内スタッフと二人三脚で運用レクチャー。広告運用やマーケティングの教育や社内の運用体制、新規獲得以降のデータ管理体制の構築。自社の広告運用者と関係部署との連携強化、自走状態への体制構築支援を行う

WEB相談はこちら 資料請求
戻る