コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング

テーマ

あらゆるチャネルにコンテンツを発信したい

広告や営業等のアプローチでは「ニーズが顕在化した今すぐ客」の獲得に成功できるが、その割合はターゲット顧客全体の割合で見たときに少数派だ。顧客が自分のニーズ気づいてなかったり、ニーズが顕在化していても自社サービスを選択肢として加えてもらえるか、検討サイクルの中で「何の情報をどのように伝えるか?」など潜在顧客へのアプローチは多岐に渡る。新規顧客の求める情報をコンテンツに落とし込み、どのようにデリバリーするか?広告で新規顧客の開拓に限界を感じた企業がコンテンツマーケティングに取り組む大きな理由だ。

それだけ「年代、ユーザーによって利用するメディアが多く、チャネルが細分化され」「オンライン上で情報が溢れ」「情報の信頼性に疑いを持ち」「個人情報保護が強まり、ユーザーが広告ブロックできる」そういった時代になった。ユーザーが求める情報を把握して各チャネルのフォーマット、世界観に合わせてコンテンツを落とし込み、継続的に発信、反応をみてコミュケーションをとる。自社スタッフの「商品や顧客の理解力」の強化と「各チャネルの専門家」とタッグを組みコンテンツマーケティングを推進することがより重要になっている。

必要なスキルセット

・顧客とのコミュニケーション戦略の設計
・メディアや資料のコンテンツ企画、ディレクション
・デザイナーやライターとのディレクション
・主要SNSアカウントの運用、ディレクション
・Youtube運営などの動画企画、ディレクション
・CRMを活用した既存顧客へのメール、LINEの設計

関わり方のイメージ

土台となるコンテンツ(メディア記事、ダウンロード用の資料、動画、SNSの投稿など)を決め、より専門性の高い人材を選ぶ。マーケティングの中でコンテンツマーケティングのポジションを明確化、フェーズに応じたKPI戦略、コンテンツ発信のスケジュールやそのコンテンツの企画、制作オペレーションと担当職種との連携をおこなう。

WEB相談はこちら 資料請求
戻る