A/Bテスト

A/Bテスト

テーマ

大規模の商品ページが対象のABテスト

多品目のECのサイト、求人サイト、不動産サイトなど商品のラインナップが大量にあるページの遷移率、CVR改善のテストは、LPO(LPのような独立したページ)と違い、コンセプトを大きく変更したりデザインを自由に変更することができない。商品ページには統一した記入フォーマット、デザインがあるからだ。さらに複数ページまたがって遷移率や回遊率、CVRを図るため、大量のページを横断的に分析を行い、CV計測を行い評価するスキルセットが必要になる。

LPに比べ大規模サイトの運営をしたことある人材はかなり少数派になり、プログラム理解の能力とアクセス解析の能力を兼ね備えている人材が適任だ。自由にスモールテストすることが難しく、大きな変更を加えるケースが多くその効果のほうが大きいため、社内コンセンサスをとるための説得力が必要になる。マーケティング責任者の配下でプレイヤーとして任される職種なので実行と改善を進めるには経験値がもの言う部分があるため、実績のある人材の活用はかなり重要性を増している。

必要なスキルセット

・アクセス解析ツールの幅広い使用経験
・計測タグのマネージメント
・プログラムの知識、エンジニアとの連携経験
・大規模サイトのコンサル経験
・プロジェクトマネージメント経験

関わり方のイメージ

できているようでできていないマーケティングや施策評価に使うデータ計測環境の整備から始まることが多い。施策の良し悪しを判断するためのKPIに紐付いた計測設定はもちろんのこと、改善する対象が多く実装に時間がかかるためどこを改善すれば大きな効果が得られるか?棚卸しと優先順位を決め、どこにリソース(金、人、時間)さいてスケジュールをどうするか?判断ところが重要になる。実装まで多くの時間を使い、結果が悪くなることもあるため結局なにもしないといった選択肢をとらざる負えないジレンマがあるため、データを可視化してしてチームの方針を打ち出すフェーズとそこにメスを入れるフェーズ大きく切り離して数年単位でみていく必要がある。

WEB相談はこちら 資料請求
戻る