市場調査

市場調査

テーマ

新規商品を展開する際に市場規模の把握や顧客理解が不足している

市場調査(マーケットリサーチ)の目的とは?
「市場規模を数値化し新規商品がどれくらい売れるか?マーケティングにどれくらい投資するべきか?判断するため」である。

市場調査をしないと起きる課題は?
・顧客ニーズが合わず売れない
・ターゲットに合わない施策を打ち、マーケティングコストを回収できず赤字になる。
・それまでの時間や社員の労力が無駄になる。
・新商品に関わった社員が離れていく。
・新しい活動や継続的な活動が苦しくなる。

市場調査のメリット
・顧客ターゲットが明確になる。
・顧客ニーズが明確になる。
→ ニーズに合わせて商品開発ができる。
→ ターゲット毎に施策を打てる。
→ 特定のユーザー層に絞って低リスクでテストマーケティングできる。

多くの人や時間をかけて商品開発を行い、莫大な投下コストでマーケティングを実施し大きな赤字になるより、少ない時間と限られたコストで顧客分析と市場調査を徹底して実施し、事前にリスクを把握する。

戦略策定のタイミングであれば軌道修正や、事業計画及び収支の判断が正確になる。
また、継続的な活動により改善を繰り返していくことが可能となる。

必要なスキルセット

・顧客分析の経験
・定量調査(インターネット調査、顧客アンケート、ホームユーステスト)の経験
・定性調査(デプスインタビュー、グループインタビュー、顧客アンケート)
・市場調査における仮説、検証、分析の経験
・調査結果から商品開発及びマーケティング施策への落とし込みが得意

関わり方のイメージ

まずは商品開発やマーケティングにおいて判断する軸となる「仮説」をたて、その仮説を判断するための評価指標をつくり、データを誰にどのように調査するか設計をする。対顧客の声を吸い上げより深い解像度で顧客分析を行う「定性調査」から、そのニーズは全体のどのくらいの規模なのか測る「定量調査」を行うケース。逆に「定量調査」から顧客のセグメントを分類して各セグメントに応じて顧客ニーズの仮設を行い、「定性調査」で顧客の解像度を深堀りしていく。その結果、ターゲットに合わせた商品開発、顧客のカスタマージャーニーにあわせたコミュニケーション設計及びマーケティング施策に落とし込む。

WEB相談はこちら 資料請求
戻る