コミュニケーション設計

コミュニケーション設計

テーマ

顧客にあったタッチポイントと情報発信が設計できていない

コミュニケーション設計の目的とは?
顧客属性に合わせた接点と顧客属性に合わせた情報発信を正確に設計することで効率的に集客コストの投資が実現できる。

コミュニケーション設計ができないと起きる課題は?
・ターゲットが少ない場所で集客コストを投資してしまう。
・顧客ニーズとずれた情報を発信してしまい獲得効率が下がる。
・仮説と検証が正しく行えない。
・セグメントに応じた施策の設計ができない。

コミュニケーション設計のメリットは?
・マーケティング施策及びクリエイティブに一貫性ができる。
・施策毎に目標設定が正確になる。
・投資対効果が高まる。

必要なスキルセット

・顧客理解
・マーケティング戦略の設計
・ターゲット選定及びメディアプランの策定
・クリエイティブテストの設計
・定性、定量調査及び評価

関わり方のイメージ

顧客の定性、定量調査を行い、顧客セグメントの設計を行う。セグメントの属性や規模に応じてメディアプランやクリエイティブの設計を行う。仮説の検証及びその評価を行う評価指標の設計、実行部分のディレクションから検証結果のフィードバック。その後の導入化率の把握と投資対効果の分析をおこなう。

WEB相談はこちら 資料請求
戻る