デジタルマーケティング

ディスプレイ広告のターゲティング戦略

2021/12/21

ディスプレイ広告の歴史は長く、ウェブサイトやアプリなどの広告枠の多様化、ターゲティングメニューやクリエイティブフォーマットの増加、学習機能や自動入札の進化など、年々ディスプレイ広告で、できることが拡大しています。しかし、機能拡張の一方で複雑性も増しています。

どのような広告プランが最適なのか、予算内でなにから検証すべきか、多くの選択肢から最適なプランニングが求められています。

まずはディスプレイ広告で、できることを再認識して、やるべきことを整理しましょう。
2021年版のディスプレイ広告の解説記事としてまとめました。

Webマーケティング活動においてお役立てください。

1 ディスプレイ広告とは?

・ディスプレイネットワークについて
ディスプレイ広告は、パソコンやスマートフォンで、Webサイトやアプリを開いている時に画像形式でよく目にする馴染みがある広告かと思います。あらゆるWebサイトやアプリで広告が表示されており、それらをディスプレイ ネットワークと呼びます。代表的なものが、Googleディスプレイ広告とYahoo!ディスプレイ広告です。

Google広告のヘルプページでは「ディスプレイネット ワークについて」以下のように記載されています。

ディスプレイ ネットワークとは
「Google 広告を掲載できる 200 万以上のウェブサイトや動画、アプリの総称です。」
引用 Google広告ヘルプ:https://support.google.com/google-ads/answer/117120?hl=ja

ディスプレイ広告と Google ディスプレイ ネットワークについて
「Google ディスプレイ ネットワークでは、ターゲット設定されたディスプレイ広告を使用して、ユーザーがお気に入りのウェブサイトを閲覧したり、友だちに YouTube 動画を見せたり、Gmail アカウントを確認したり、モバイル デバイスやアプリを使用したりしているときを狙って広告を表示できます。」
引用 Google広告ヘルプ:https://support.google.com/google-ads/answer/2404190?hl=ja

私達の生活の中で、あらゆる用途、場面でWebサイトや動画、アプリにアクセスして何かしらの目的を達成します。ディスプレイ広告はあらゆるユーザーのライフスタイルにおいてタッチポイントがあり、自社のサービスに合った広告枠に配信することができます。

・ユーザー属性、興味関心
ディスプレイ広告は「広告枠」の配信設定以外に、ユーザーの属性や興味関心など「人」ベースで配信設定ができます。

例えば
・年齢、性別、言語
・配信する時間帯、配信する地域
・ユーザーの趣味
・ネットで商品を購入する傾向など

GoogleやYahoo!などの広告媒体がディスプレイネットワーク上のユーザー情報や行動を分析してターゲティングの配信メニューとして提供しています。

ディスプレイ広告のイメージ

ディスプレイ広告は「テキスト」「画像」「動画」と様々な広告フォーマットで広告配信ができます。以下がデバイス毎のイメージになります。

・Webサイト PC


画像形式の広告フォーマットが配信枠と多く、写真やコピーを使ってユーザーに訴求することができます。広告枠によって画像サイズが用意されております。

リスティング広告との違い

・潜在層と顕在層にアプローチできる。
ディスプレイ広告は自社サービスの認知拡大に適した広告メニューです。リスティング広告のように課題や方法が顕在化したユーザーへのアプローチとは違い、ディスプレイ広告はまだニーズが顕在化していない、潜在的なユーザーにもアプローチをすることができます。

自社サイトに訪れたことのあるユーザーだけに広告配信ができる「リターゲティング」という配信メニューがあり、自社サービスを知っているユーザーに継続的なアプローチができます。ニーズが顕在化されているが、商品を比較検討したり、購入するタイミングを待っているユーザーを購入まで引き上げることができます。

これまでなかったまったく新しいサービスであれば、ニーズがないところからのアプローチをすることになります。ディスプレイ広告は様々なユーザーにリーチすることができるため、認知拡大のメニューとしても最適な広告メニューです。

ディスプレイ広告の始め方

・Googleディスプレイ広告

Google広告はオンラインですぐにアカウントを開設することができます。アカウント開設に必要なのはGoogleアカウント (Gmailアカウント)のみになります。Google広告のホームページから電話サポートやLINEサポートなどサポート体制は充実しています。専門のスタッフがアカウントの開設から配信開始、配信開始後のサポートまで対応してくれます。

機能や設定部分などで詳細に調べたい場合は、ヘルプページが用意されておりヘルプページ内で検索をすれば、すぐに知りたい情報にアクセスすることができます。

Google広告のアカウントを開設すると、そのアカウント内でリスティング広告やディスプレイ広告など様々なキャンペーンを作成することができます。

・Yahoo!ディスプレイ広告

Yahoo!広告のアカウントを開設する場合は、Yahoo! JAPANのビジネスIDが必要です。

ビジネスIDをお持ちでない場合
Yahoo! ビジネスセンターでビジネスIDを発行する必要があります。


ビジネスIDを発行したら「ディスプレイ広告」のアカウントを開設します。

Google広告と違いYahoo!広告は、検索広告とディスプレイ広告のアカウントが分かれており、個別にアカウント開設をする必要があります。

Googleディスプレイ広告

Googleディスプレイ広告はウェブサイトやアプリの配信枠が多く、「人」ベースのターゲティングや自動入札の精度が高いです。さらにYouTubeの優良枠にもディスプレイ広告で配信できるのが強みです。

Googleディスプレイ広告のクリエイティブ規定

▼ バナーサイズ
広告サイズはパソコン、モバイルを含めると多数あります。
パソコンとモバイル共通でメジャーなサイズが「300×250」のサイズです。
まずは「300×250」サイズで複数パターンの画像を検証することをおすすめします。

・ファイル形式
フォーマット:GIF、JPG、PNG
最大サイズ:150KB

・広告のサイズ
スクエアとレクタングル
200×200
240×400
250×250
250×360
300×250
336×280
580×400

スカイスクレイパー
120×600
160×600
300×600
300×1,050

ビッグバナー
468×60
728×90
930×180
970×90
970×250
980×120

モバイル
300×50
320×50
320×100

▼ レスポンシブ広告
「バナーサイズを複数用意できないけど、あらゆる広告サイズで配信したい!」という場合は、レスポンシブ広告をおすすめします。

画像4点とテキストを用意するだけで配信枠にあわせて広告が表示されます。

・画像
アスペクト比 1.91:1 → 1200px ✕ 628px
アスペクト比 1:1 → 1000px ✕ 1000px

・ロゴ
アスペクト比 1:1 → 1000px ✕ 1000px
アスペクト比 4:1 → 1000px ✕ 250px

・テキスト
広告見出し:15文字(半角30文字)
長い広告見出し:45文字(半角90文字)
説明文:45文字(半角90文字)
会社名:12文字(半角25文字)

レスポンシブ広告のイメージ↓

Googleディスプレイ広告のターゲティング

「人」に対してターゲティングする設定と「広告枠」に対してターゲティングする設定に分かれます。

▼ 人軸のターゲティング

ユーザー属性

<性別>
・女性
・男性
・不明

<年齢>
・18~24 才
・25~34 才
・35~44 才
・45~54 才
・55~64 才
・65 才以上
・不明

<子供の有無>
・子供なし
・子供あり
・不明

<世帯収入>
・上位 10%
・11~20%
・21~30%
・31~40%
・41~50%
・下位 50%
・不明

———-

オーディエンスセグメント

ユーザー属性
<子供の有無>
・子供あり
→ 子供あり(0~1 歳の乳児)
→ 子供あり(1~3 歳の幼児)
→ 子供あり(4~5 歳の幼稚園児)
→ 子供あり(6~12 歳の小学生)
→ 子供あり(13~17 歳)

<配偶者の有無>
・独身
・交際中
・既婚

<教育>
・最終学歴
→ 高校卒
→ 学士号
→ 大学院卒
・現役の大学生

<住宅所有状況>
・住宅所有
・賃貸

———-

ユーザーの興味や関心、習慣(アフィニティ)

<スポーツ、フィットネス>
・スポーツファン
・健康、フィットネス マニア

<テクノロジー>
・ソーシャル メディア ファン
・ハイテク好き
・モバイルファン

<ニュース、政治>
・ニュース好き

<フード、ダイニング>
・カフェの常連
・グルメ
・ファストフード愛好家
・料理愛好家
・頻繁に外食

<メディア、エンターテイメント>
・ゲームファン
・コミック、アニメーション ファン
・テレビっ子
・テレビのライトユーザー
・ミュージック ファン
・映画ファン
・読書好き

<ライフスタイル、趣味>
・アウトドア ファン
・アマチュア カメラマン
・エコ生活愛好者
・バー、ナイトクラブ好き
・ビジネスのプロフェッショナル
・ファッショニスタ
・ペット愛好者
・ライブイベントに頻繁に参加
・冒険好き
・家族向け
・演劇ファン

<乗り物、交通機関>
・交通手段
・自動車ファン

<家庭、園芸>
・DIY 愛好者
・インテリア好き

<旅行>
・出張の多い人
・旅行好き

<美容、健康>
・美容通
・頻繁にサロンを訪問

<買い物好き>
・バーゲン愛好家
・節約好き
・買い物好き(店舗タイプ別)
・買い物愛好家
・高級ブランド好き

<銀行、金融>
・投資マニア

———-

購買意向の強いセグメント

<アパレル、アクセサリ>
・アウター
・コスチューム
・シャツ、トップス
・スポーツウェア
・ハンドバッグ
・バックパック
・パンツ
・下着
・女性用下着
・婦人服
・宝石、時計
・帽子
・旅行バッグ
・水着
・眼鏡
・礼服
・紳士服
・財布、ブリーフケース、革製品
・靴
・靴下

<アート、工芸用品>

<イベントのチケット>
・コンサート、音楽祭のチケット
・スポーツのチケット
・舞台芸術のチケット

<ギフト、行事>
・パーソナライズド ギフト
・パーティー用品、イベント企画
・フラワーギフト
・写真サービス、スタジオ、ビデオ撮影
・挙式、披露宴プラン
・祝祭日用のアイテムや飾り
・詰め合わせギフト

<コンピュータ、周辺機器>
・コンピュータ
・コンピュータ用アクセサリ、部品
・プリンタ、スキャナ、FAX

<スポーツ、フィットネス>
・アウトドア用品
・スポーツ用品
・フィットネス商品、サービス

<ソフトウェア>
・アンチウィルス、セキュリティ ソフトウェア
・オフィス、ビジネスソフトウェア
・オーディオ、音楽ソフトウェア
・デザイン ソフトウェア
・会計ソフトウェア
・動画の編集や制作用ソフトウェア

<デートサービス>

<ビジネス サービス>
・ビジネス テクノロジー
・ビジネス印刷、ドキュメント サービス
・ビジネス金融サービス
・事務用品
・人材サービス、リクルート サービス
・企業イベント企画
・広告、マーケティング サービス
・支払い処理、決済処理サービス
・給与サービス

<ビジネス、産業向けの関連商品>
・厨房設備
・看板、標識

<不動産>
・商業用不動産
・居住用不動産
・引越し、移転

<季節的な買い物>
・クリスマスの買い物
・ブラック フライデーに買い物
・新学期に向けた買い物
・母の日の買い物

<家庭、園芸>
・キッチンツール、調理器具
・ペット用品
・ホーム セキュリティ
・ホームデコレーション
・リフォーム
・住居、庭に関するサービス
・家具
・家庭用品
・屋外用アイテム
・生活家電用品
・調理器具、製菓道具
・食器

<家電>
・オーディオ
・カメラ
・ゲーム機
・テレビ
・ビデオカメラ
・ホームシアター システム
・携帯電話
・携帯電話用アクセサリ
・電池

<就業状況>
・IT、技術系の求人情報
・インターンシップ
・事務系の求人情報
・会計、財務系の求人情報
・医療系の求人情報
・営業、マーケティング系の求人情報
・就職相談サービス
・履歴書、職歴
・教育系の求人情報
・法律系の求人情報
・短期アルバイト、季節的な求人情報
・経営、マネジメント系の求人情報
・行政機関の求人情報
・販売系の求人情報

<幼児、子供向け製品>
・おむつ、ベビー用衛生用品
・おもちゃ
・チャイルド シート
・ベビーカー
・乳幼児用食品
・幼児、子供服
・育児、教育

<教育>
・受験対策、個別指導
・外国語学習
・大学、短期大学
・小中学校、高等学校
・留学

<旅行>
・バスや鉄道での旅行
・パッケージツアー
・ホテル、宿泊施設
・レンタカー
・旅(目的地別)
・空の旅
・船の旅
・観光ツアー、観光名所

<楽器、音楽の関連用品>

<美容、パーソナルケア>
・スキンケア商品
・スパ、美容サービス
・バス、ボディ商品
・ヘアケア商品
・メイク、化粧品
・日焼け対策商品
・香水、フレグランス

<自動車、乗り物>
・自動車
・自動車修理、メンテナンス
・自動車部品、アクセサリー
・車両(その他)

<通信>
・インターネット サービス プロバイダ
・ケーブル、衛星放送事業者
・携帯電話会社

<金融サービス>
・クレジット、融資
・ファイナンシャル プランニング
・保険
・投資サービス
・納税申告サービスおよびソフトウェア
・銀行サービス

<ライフイベント>
・マイホームの購入
・大学卒
・定年退職
・引越し
・結婚
・起業
・転職

▼ 広告枠のターゲティング

キーワード
商品やサービスに関連するキーワードを設定して、関連性の高いウェブサイトやアプリに広告を配信します。キーワードは以下のように自由に設定できます。

トピック
コンテンツカテゴリ毎に広告枠を選ぶことができます。逆に全て選択するとトピック毎のデータを確認することができます。効果の悪いトピックを外すことで配信を除外することもできます。

<アート、エンターテインメント>
・イベント情報
・エンターテインメント業
・オンライン メディア
・クイズ、雑学
・コミック、アニメーション
・テレビ、ビデオ、動画
・ビジュアル アート、デザイン
・ユーモア
・奇妙
・映画
・舞台芸術
・芸能ニュース
・音楽、オーディオ

<インターネット、通信>
・ウェブ アプリケーション、オンライン ツール
・ウェブ サービス
・サービス プロバイダ
・テレビ会議
・ポータル サイト
・メール、メッセージ
・モバイル、ワイヤレス
・検索エンジン
・通信機器

<オンライン コミュニティ>
・オンライン ツール、ダウンロード
・ソーシャル ネットワーク
・ファイル共有
・フィード アグリゲーション、ソーシャル ブックマーク
・ブログ作成サービス
・仮想世界
・個人ブログ、サイト
・写真、動画の共有
・出会い
・掲示板、チャットサービス

<ゲーム>
・TV ゲーム、PC ゲーム
・アーケード ゲーム
・カード ゲーム
・サイコロ ゲーム
・タイル並べ
・テーブル ゲーム
・パズル、頭の体操
・パーティ ゲーム
・ボードゲーム
・ロールプレイング ゲーム
・ワード ゲーム
・学習ゲーム
・家族向けゲーム、アクティビティ

<コンピュータ、電化製品>
・CAD、CAM
・コンピュータ セキュリティ
・コンピュータ ハードウェア
・ソフトウェア
・ネットワーク
・プログラミング
・企業向けテクノロジー
・家電
・電子機器、電気機器

<ショッピング>
・おもちゃ
・お祝い、ギフト、祝祭日用グッズ
・アンティーク、収集品
・エコ ショッピング
・エンターテイメント メディア
・オークション
・ショッピング総合サイト
・ディスカウント ストア、アウトレット店
・フリーマーケット、ガレージセール
・ブランド品、高級品
・個人広告、案内広告
・写真サービス、スタジオ、ビデオ撮影
・卸売業者、アウトレット業者
・服飾
・消費者資源
・量販店、デパート

<スポーツ>
・アニマル スポーツ
・ウィンター スポーツ
・ウォーター スポーツ
・エクストリーム スポーツ
・スポーツの国際大会
・スポーツの試合結果、データ
・スポーツファン向けグッズ、衣料
・スポーツ指導、トレーニング
・スポーツ用品
・ファンタジー スポーツ
・モーター スポーツ
・個人競技
・団体競技
・大学スポーツ
・格闘技

<ニュース>
・ゴシップ、タブロイド ニュース
・ジャーナリズム、報道界
・スポーツ ニュース
・テクノロジー関連のニュース
・ニュース放送
・ビジネス ニュース
・世界のニュース
・健康に関するニュース
・地域ニュース
・天気
・政治
・新聞

<ビジネス、産業>
・アセット ファイナンス
・エネルギー、公共事業
・サービス業
・ビジネス サービス
・ビジネス スクール
・事業団体、貿易振興会
・事業運営
・化学産業
・医薬品、バイオテクノロジー
・印刷、出版
・小売業
・小規模ビジネス
・広告、マーケティング
・建設、メンテナンス
・産業資材、設備
・織物、不織布
・自動車産業
・航空、防衛
・製造
・農業、林業
・配送、物流
・金属、鉱業

<フード、ドリンク>
・料理、レシピ
・食品
・食料品小売業
・食材宅配
・飲料
・飲食店

<ペット、動物>
・ペット
・ペット用品、サービス
・野生動物

<不動産>
・デベロッパー
・不動産サービス
・不動産情報

<世界の国々>
・アジア
・アフリカ大陸
・オセアニア
・ヨーロッパ
・ラテンアメリカ
・中東
・北アメリカ
・極地域

<人々、社会>
・サブカルチャー
・女性向け
・宗教、信仰
・家族、人間関係
・民族、思想
・男性向け
・社会問題、支援運動
・社会科学
・自立、自己啓発
・障害者、特別支援
・高齢者、老後

・仕事、教育
・インターンシップ
・仕事
・教育

<住居、庭>
・キッチン、ダイニング
・パティオ、芝生、庭
・ホーム セキュリティ
・ランドリー
・リフォーム
・室内装飾、内装
・害虫駆除
・家事代行サービス
・家具
・家庭向け収納整理用品
・家庭用スイミング プール、サウナ、スパ
・家庭用品
・寝具、バス用品
・生活家電用品
・空調設備、温度調整器

<健康>
・ヘルスケア
・メンタル ヘルス
・代替医療、自然療法
・公衆衛生
・医学教育、医療学校
・医学文献、資料
・医療施設、医療サービス
・医療機器
・医療財団、医療研究所
・口腔、デンタル ケア
・女性の健康
・小児科
・栄養
・生殖器
・男性の健康
・看護
・眼科
・老化、更年期障害
・薬局
・薬物乱用

<旅行、交通>
・テーマ旅行
・ホテル、宿泊施設
・交通
・旅行ガイド、旅行記
・旅行バッグ、旅行用品
・旅行代理店、サービス
・観光名所

<書籍、文学>
・オーディオブック
・二次創作
・作家、ライター向け情報
・児童文学
・古典文学
・書籍販売
・詩
・雑誌
・電子書籍

<法律、行政>
・公共の安全
・政府
・法律
・社会福祉
・軍事

<科学>
・エンジニアリング、テクノロジー
・コンピュータ サイエンス
・化学
・地球科学
・天文学
・数学
・物理学
・生態学、環境
・生物科学
・科学機関
・科学装置

<美容、フィットネス>
・ダイエット
・ファッション、スタイル
・フィットネス
・フェイス、ボディ ケア
・ヘアケア
・ボディ アート
・美人コンテスト
・美容サービス、スパ
・美容スクール、学校

<自動車>
・カスタム カー、高性能車
・キャンピングカー、RV
・クラシック カー
・ボート、水上バイク
・モーターショー、オートショー
・商用自動車
・自動車販売
・自動車部品、サービス
・自動車(メーカー別)
・自動車(種類別)
・自家用航空機
・自転車、パーツ
・道路交通

<資料>
・テクニカル情報
・一般資料
・人文科学
・各種リスト、住所録、要覧
・図書館、美術館、博物館
・地理資料
・言語資料

<趣味、レジャー>
・もの作り
・アウトドア
・ウォーター アクティビティ
・クラブ、団体
・ペイントボール
・ラジコン、模型、フィギュア
・レジャー飛行
・優秀賞、コンテスト
・懸賞
・行事

<金融>
・クラウドファンディング
・クレジット、融資
・会計、監査
・保険
・奨学金、補助金
・投資
・財務プランニング、マネジメント
・銀行

プレースメント
配信したいウェブサイト、アプリ、動画を指定して配信することができます。

Googleディスプレイ広告の入札戦略

一般的に使用されるのが「個別クリック単価制」です。入札単価の平均額を設定することができます。拡張クリック単価では、コンバージョンしやいターゲティングの入札単価を自動的に高く設定されます。

コンバージョンが見込める場合は自動入札で「コンバージョン数の最大化」があります。入札単価の上限がなく、コンバージョンしやすいユーザーに自動で入札単価を調整します。

またコンバージョン単価で目標設定を行い、設定した単価以内になるように入札単価が自動調整されます。

さらに下記2点の条件を満たすと「クリック単価」の課金体系から「コンバージョン単価」
の課金体系に変更することができます。

コンバージョンに対するお支払いを使用するには、AdWords アカウントで過去 30 日間に 100 件以上のコンバージョンを獲得している必要があります。

「コンバージョンに対するお支払い」を使用するには、コンバージョンの 90% が広告のクリックから 7 日以内に発生している必要があります。

Googleディスプレイ広告の除外設定

予め配信を除外したい場合には下記の設定があります。現在、「デリケートなコンテンツ」はデフォルトで除外設定になっております。

見込みユーザーの多い地域に配信を絞ってたり、対象外の地域や見込みの低い地域の配信を除外できます。

商品購入やサービスのお申し込みがされにくい時間帯は配信を除外しましょう。また、ターゲットユーザーのライフスタイルに合わせて時間帯を設定することが重要です。

BtoBビジネスの場合はパソコンからサービスのコンバージョンする可能性が高く、BtoCビジネスはモバイルの方がコンバージョンする可能性が高いので、ビジネスによってデバイスの除外を検討しましょう。

オーディエンスでコンバージョンしたユーザーを除外することもお忘れずに。

ゲーム中に広告を表示すると邪魔になり、誤って広告をタップして課金される可能性が高いです。トピックで除外設定で効果の低い「ゲーム」のカテゴリは除外しましょう。


Yahoo!ディスプレイ広告

Yahoo!といえばYahoo!のトップページやYahoo!ニュースなどの代表的なサイトやアプリが多数あります。今はLINEの掲載枠にも配信することができます。配信ボリュームが多く、優良サイトに安心して配信したい場合はYahoo!ディスプレイ広告をおすすめします。

Yahoo!ディスプレイ広告のクリエイティブ規定

▼ バナーサイズ

・ファイル形式
フォーマット:GIF、JPG、PNG
最大サイズ:150KB

・PC
600pixel x 600pixel
300pixel x 250pixel
468pixel x 60pixel
728pixel x 90pixel
160pixel x 600pixel
300pixel x 600pixel

・スマートフォン
600pixel x 600pixel
300pixel x 250pixel
320pixel x 50pixel
728pixel x 90pixel
468pixel x 60pixel
160pixel x 600pixel
320pixel x 100pixel
640pixel x 360pixel

・タブレット端末
600pixel x 600pixel
300pixel x 250pixel
468pixel x 60pixel
728pixel x 90pixel
160pixel x 600pixel
300pixel x 600pixel

▼ レスポンシブ広告
あらゆる広告枠のサイズにあわせて配信できます。特にユーザー数の多い、Yahoo!ニュース面はレスポンシブ広告の枠がほとんどです。マストでレスポンシブ広告は用意しましょう。

画像
・300pixel x 300pixel
・1200pixel x 628pixel

ロゴ
・180pixel x 180pixel

テキスト
・タイトル:20文字以内
・説明文:90文字以内

動画
・640pixel x 360pixel
ファイルサイズ:最大200MB
ファイル形式:MP4、MOV
再生時間:最小5秒~最大60秒

またYahoo!ニュース面はウェブサイトのPCとスマートフォン、アプリで表示される広告フォーマットが違います。

・ウェブサイト PC
右上の広告枠で300×250サイズのバナーが表示されます。

また縦長でレスポンシブ広告も表示されます。
この場合は「1200pixel x 628pixel」サイズで表示されます。

中央のコンテンツだと右枠に縦長の広告が表示されます。
この場合は「300pixel x 300pixel」サイズで表示されます。
ニュースフィードの枠には「300pixel x 300pixel」サイズでタイトル文が表示されます。

・ウェブサイト スマートフォン

「主要」のカテゴリでは「1200pixel x 628pixel」サイズで表示されます。

「主要以外」のカテゴリでは「300pixel x 300pixel」サイズのみが表示されるようです。

・アプリ
アプリの「主要」カテゴリでは動画広告が表示されます。
アルゴリズムとして動画が優先的に表示されているようです。ウェブサイトでは動画配信が重くなるため表示せず、アプリで動画広告の表示回数を担保している可能性が高いです。アプリの「主要」カテゴリでは動画広告が有効かもしれません。

「主要以外」のカテゴリは「300pixel x 250pixel」サイズの広告表示を多く見かけます。

次に「1200pixel x 628pixel」サイズの画像が表示されます。

Yahoo!ニュースの広告枠で表示の仕方や前後のコンテンツを把握した上でクリエイティブ制作を進めましょう。Yahoo!ディスプレイ広告の成功の秘訣はYahoo!ニュース面でコンバージョンを獲得できるかにかかっています。

Yahoo!ディスプレイ広告のターゲティング

プレイスメント
Yahoo!ディスプレイ広告は配信枠の選定が最も重要になります。
まずはプレイスメントリストを作成しましょう。
プレイスメントリストでは配信ボリュームが多く、主要メディアが上位に表示されます。
検索もできるので気になる配信枠を確認することができます。

「news.yahoo.co.jp」
Yahoo!ニュースの配信面になります。新規ユーザーへの配信を目的にする場合は迷わず設定しましょう。

「m.yahoo.co.jp」「toppage.yahoo.co.jp」
Yahoo!のトップページでスマートフォン版とPC版の配信枠です。
Yahoo!ニュース同様、主要の広告枠になります。

「LINEアプリの広告枠に配信」
2021年10月からYahoo!ディスプレイ広告でLINEの広告枠に配信できるようになりました。
プレイスメントは以下を指定します。

・iOS:itunes.apple.com/443904275
・Android:play.google.com/jp.naver.line.android

「Yahoo!アプリ面のプレイスメント」
Yahoo!のアプリ面はURLで指定します。

Yahoo! JAPAN:m.yahoo.co.jp
Yahoo!ニュース:news.yahoo.co.jp
スポナビ 野球速報:baseball.yahoo.co.jp
Yahoo!天気:weather.yahoo.co.jp
Yahoo! JAPAN ※タブレット版:toppage.yahoo.co.jp
Yahoo!メール:m.mail.yahoo.co.jp
スポーツナビ:sports.yahoo.co.jp
Yahoo!知恵袋:chiebukuro.yahoo.co.jp
Yahoo!ファイナンス:m.finance.yahoo.co.jp
Yahoo!乗換案内:transit.yahoo.co.jp
Yahoo!リアルタイム検索:search.yahoo.co.jp/realtime
Yahoo!カレンダー ※広告掲載はAndroidのみ:calendar.yahoo.co.jp
GYAO!*:gyao.yahoo.co.jp
TRILL*:trilltrill.jp
Yahoo!不動産*:realestate.yahoo.co.jp

リターゲティング配信のような見込みユーザーへの配信に関しては、配信枠を絞らなくても問題ないです。

オーディエンスカテゴリ

興味関心 (潜在顧客の集客、ブランド認知)
・ショッピング
・旅行
・ニュース、情報メディア
・スポーツ、フィットネス
・銀行、金融
・メディア、エンターテインメント
・ゲーム
・ライフスタイル、趣味
・インテリア、DIY
・グルメ、料理
・美容、健康

購買意向 (見込み顧客へのアプローチ)
・アパレル、アクセサリー
・食品、飲料
・アウトドア、釣り、旅行用品
・コスメ、美容、ヘアケア
・ダイエット、健康
・家電、スマホ、カメラ
・コンピューター、周辺機器
・ソフトウエア
・ビジネスサービス
・家具、インテリア
・DIY、工具
・ギフト
・行事
・ペット、ペット用品
・幼児、子供向け製品
・教育
・スポーツ、フィットネス
・旅行、交通
・飲食店
・求人
・自動車、バイク
・不動産
・金融
・ゲーム、エンターテインメント

属性・ライフイベント (顧客層を指定したアプローチ)
・家族構成
・個人年収
・世帯年収
・世帯資産
・学歴
・仕事
・ライフイベント

上記セグメントからさらに細かくセグメントが分かれていきます。商材はYahoo!のヘルプページで確認ができます↓
https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/display/articledetail?lan=ja&aid=71655

サーチキーワード
ユーザーの検索履歴に対してターゲティングすることができます。

キーワードを検索してサーチキーワードの候補からセグメントを選ぶことができます。
配信ボリュームは少ないですが、コンバージョン獲得しやすいメニューになります。

Yahoo!ディスプレイ広告の自動入札

・コンバージョン数の最大化
日予算の中でコンバージョン数を最大化する自動入札です。

Yahoo!が「キャンペーン単位で直近7日間にコンバージョン数が50件以上発生しているキャンペーン」で設定することを推奨しているため、コンバージョン数が担保できたタイミングで検証してみましょう。

設定されたコンバージョン単価でコンバージョン数を最大化する自動入札です。
Yahoo!が「広告グループ単位で直近30日間にコンバージョン数が40件以上発生しているキャンペーン」で設定することを推奨しているため、こちらもコンバージョン数が担保できたタイミングで検証してみましょう。

まずは手動入札でYahoo!の主要配信枠、PCやスマートフォン別で入札調整を行い、費用対効果を改善することをおすすめします。

Yahoo!ディスプレイ広告の除外設定

Yahoo!ディスプレイ広告はYahoo!の主要面に配信が集中するためコストが高くになります。なるべく不要なセグメントは除外して無駄なコストは省きましょう。

・年齢別のセグメント
Googleと違いYahoo!は年齢が5歳刻みで設定できます。
顧客の年齢層にあったセグメントを設定しましょう。

・曜日、時間帯
Yahoo!ニュースなどメディアは通勤の時間帯に集中するので、配信ボリュームが多いゾーンを狙うのか、土日など時間に余裕のある時間帯を狙うなど、ユーザーのライフスタイルに合わせて配信しましょう。予算が限られている場合は配信する時間帯の選定は特に重要です。

・配信地域
こちらも同様に自社サービスを利用されやすいエリアに絞って配信しましょう。
主要都市はクリック単価も高いため、予算によってはエリアの設定は重要です。

おわりに

Googleディスプレイ広告、Yahoo!ディスプレイ広告ともに、「広告枠」「ターゲティング」「クリエイティブ」の数や種類が多く、どのように配信するかプランニングが重要となります。予算によって検証できる数が決まっているので、どの要素を検証するか絞る必要があります。

ディスプレイネットワークの中には、クリックされやすいけどコンバージョンに繋がらないサイトや、誤ってクリックされやすい広告フォーマットがあります。信頼できるサイトやアプリに絞って配信したり、スタンダードな300×250の広告フォーマットから検証することをおすすめします。

Googleディスプレイ広告であれば、YouTubeや有名どころのニュースサイトがおすすめです。Yahoo!ディスプレイ広告であればYahoo!ニュースやYahoo!トップ面が無難です。コンバージョンが増えると拡張機能でコンバージョンしやすいユーザーに拡張配信されるので、まずはコンバージョンが発生すること、継続的にコンバージョン獲得できることを目指しましょう。広告枠を絞るとサイトやアプリに合ったクリエイティブ設計がしやすいので、クリエイティブの改善サイクルも向上が見込めます。

             WEB相談はこちら 資料請求
戻る