マーケティング活動が進まない理由

記事の内容について

皆様、初めましてマーケター特化のフリーランス紹介「デジパラ」を担当をしている田中です。

マーケティング活動をすすめる従来の選択肢3つのメリット、デメリットをまとめた上で、新しい選択肢としてフリーランス活用をおすすめする記事となっております。

記事の構成 (ポイントは3つです。)

はじめに
1. 採用
2. 代理店
3. 育成
さいごに結論

はじめに

マーケティング活動は結果がでるのに時間がかかるのに、
活動を開始するまでに時間がかかってしまう企業が多く見かけます。

マーケティング活動が進まない理由
活動を妨げるものはお金、時間、ノウハウが不足していることが原因です。

どこも尽きない悩みでこの3点をクリアにしないと自社の課題解決もなかなか進みません。

従来の解決策は大きく3つの選択肢があります。

採用、代理店、育成

ただし、それぞれうまくいかない理由があります。
メリット、デメリットを抑えた上で、自社ではなにがボトルネックになっているか?把握する必要があります。

採用

<前提の理解>
・マーケター職の母数は少なく、採用市場への出現率が低い。
・課題によってマーケティングを定義するのが難しく認識の相違がうまれやすい。

<Good>
マーケターを採用できた

発生するリスク
ミスマッチが起きたとき一方的に雇用契約を解消できない。(毎月固定費がかかる。)

<Bad>
人材が採用できない

発生するリスク
活動が停滞する。

代理店

<前提の理解>
・担当者によって経験値が違う
・担当者を選ぶ権利がない(交渉は可能)

<Good>
経験値の高いキーマンをおさえた

発生するリスク
優秀な担当者ほど長くはいない
→ 役職者になるか転職する(外資系、事業会社、独立)

<Bad>
経験値が低い新人が担当

発生するリスク
提供されるサービスの品質が下がる。

育成

<Good>
自社の中核になるまで成長

発生するリスク
あるていど力をつけると転職(キャリアアップ)してしまうジレンマ

<Bad>
自社だけでは実践が少ない
教える側のリソースがない
そもそもノウハウがない

発生するリスク
育つのに時間がかかり計画通りに進まない。

ここで結論

新たな選択肢としてフリーランスの活用は
従来の3つの選択肢で発生するリスクがないことが最大のメリットです。

・正社員では採用が難しい優秀層と契約ができる。
最短3週間で契約が可能、さらに契約まで無料で人材をご紹介。

・外注先を「会社」単位から「人」単位で選ぶことができる。
個人のスキルレベル、業界経験で選べるから担当者のミスマッチが起きない。

・契約期間を設定することができる。
ミスマッチであれば解約ができる。必要な時に必要なスキルを補強できる。

———-

変化の多い時代だからこそ、

「人材不足」「人件費=固定費」「ミスマッチ」

に対応できる人材ポートフォリオを描いたほうがいいです。

参考記事
「グーグルの従業員数、非正規雇用が正社員を超えたとの情報」
https://japan.cnet.com/article/35137654/

———-

もっとフリーランスの活用について知りたい方は「お役立ち資料」にまとめていますので、ぜひ御覧ください。↓

https://digipara.comix.co.jp/blog/category/freelance/

提供元
マーケター特化のフリーランス紹介サービス『デジパラ』