SEOはGoogle様の気分次第!?コア・アルゴリズムアップデートの対策について

SEO担当の事業主様及びに、SEOエージェンシーの皆様、Google様のルール改定には頭が痛い事この上ないですよね。

あまり、詳細を知らない方に再度ご説明させて頂きます。
2018年から2019年現在に至るまで、YMYL(Your Money or Your Life)のジャンル(ECやクリニック、エステ、不動産投資など)が、対象となり獲得キーワードの検索順位が大幅に乱高下しています。

それが、コア・アルゴリズムアップデートと呼ばれている内容です。

このような事に悩んでいませんか?

・自社サイトやサービスの名前を検索してもサイトがでてこない。
(特に自由診療を運営されていらっしゃるクリニック様)

・アフィリエイター経由からの収益が大幅に縮小し、経営に大打撃。

・コラムなどのコンテンツをがつがつ追加し、SEO対策をしているのにセッションが減っている。

SEOを頑張れば頑張る程悪循環に…。

それもそのはずです。
私自身が数多くのSEOコンサルをさせて頂く中で、現状のコンテンツマーケティングは一時期の外部リンク対策と同じような現象になっていると思っています。

■フェーズ1
外部リンクは第三者からの客観的評価だから大事!
「ああああああああ」みたいなテキストが記載してあるドメインサイトのリンクでもリンク数絶対!

Google様→「外部リンクはあかん!」

■フェーズ2
重要なのはコンテンツ!
SEOキーワードを意識したコラムコンテンツ掲載を強化するぞ!
格安大量生産ライター全盛期の時代突入

似たり寄ったりのコンテンツ増えすぎて、コンテンツのオリジナル性が不足している。
Google様→「こんなコンテンツがいくら増えた所で評価せぇへん!」
※今ここ(2019/11時点)

じゃあ何をすればいいの?
と疑問を持たれている方が多いかと思います。

■フェーズ3
専門性・信頼性・権威性

上記3点がより重要視されてきていますが、結局はコラムコンテンツは客観的視点による情報が多すぎて、言い方は悪いのですが誰でも記載できるのです。

そのためキーワードを意識してコンテンツは書けるのですが、結局は皆が同じようなやり方をしてしまい、今の様な現状になっています。

だからこそ、よりオリジナル性やユーザーインサイト、そのコンテンツ発信者ならではの視点や戦略、有益性がないとGoogle様からは価値無しと判断されてしまいます。

Google社が目指したいのはユーザー1人1人に最適化された情報を検索結果として、返すという世界を目指しているので、その視点から考えると上述した考え方を身につけることはものすごく重要ですよね。

じゃあこれからどうすればいいの?

「デジパラ」では上記の様なコンテンツマーケティングやSEOの課題整理ができる、SEOディレクター人材やCMO人材がいます。

上記のような課題がございましたら、是非お問い合わせください。

「デジパラ」は貴社のマーケティング課題を解決する人材を、プロジェクトとしてアサインさせて頂きます。

「デジパラ」は貴社のDX課題やマーケティング課題を解決します。

サイトURL
https://digipara.comix.co.jp/

お気軽にご連絡くださいませ!

次の掲載予定コンテンツは、
『それA/Bテストになってないですよ!』です。

事業責任者
吉田沖人
o.yoshida@comix.co.jp

執行役員

大学を卒業後、2016年度新卒として株式会社コミクスに入社。
入社後は運用型広告のチームにて、デジタルプランニングを経験した後に営業部へ転籍。デジタルマーケティング領域の課題解決を中心にコンサルタントとして活動中。
2018年9月の24歳で執行役員に就任。
営業活動の傍ら、マーケティングのインハウス化を実現させるサービス、
「デジパラ」を企画・立案。