実際、CMOってどんな役割を担っているのか?まとめてみた。

CMOの役割について

CMO(Chief Marketing Officer、最高マーケティング責任者)
ここ数年の中で各企業様が欲しがっている人材の職位TOPに入っているのが、間違いなくこのCMO人材です。ベンチャー企業131社に独自調査した所、9割以上のベンチャーのCEOが上記人材を求めている結果が出ました。

なぜ、これほどまでにCMO人材の需要が増加してきているのかを考えると、マーケティングの「コンビニエンスストア化」が大きな要因となっていそうです。

テレビCM(オフライン広告)でどれだけ露出できるかというのが最も、効果が芳しかった時代から比較すると、その当時とでは想像もできない速度で、時代が変化しユーザーとのタッチポイントが複雑に分岐しています。

・Twitter
・インスタグラム
・Facebook
・LINE
・TikTok
・Youtube
・SEO
・MEO
・リスティング広告
・アドネットワーク広告
・SNS広告
・マスコミュニケーション etc…

まさに、現代のコンビニ店員さんのようにレジや品出しだけでなく、マーケティングにはマルチタスクが求められている状態です。

そのため、複雑多岐化しているコミュニケーションを全体コントロールし、
マーケティングを経営戦略(PL)に展開できる人材が、各企業も時代の変化に即して必要急務化している状況です。

しかし、CMOといっても何をする人なのかという定義がバラバラであり、それほど国内ではまだCMOという職位が確立及びに普及していないのが現実です。実際CMOはどのようなニーズがあるのかを調査すべく、弊社が各社様にヒアリングさせて頂いた所、規模感によって求めている事の路線が全く違うという事が判明しました。

企業規模によってCMOの捉え方が違う!?

・大手企業が求めるCMO像
1.オフラインとオンラインのコミュニケーションの統合管理及びに戦略設計
2.コミュニケーション戦略におけるKPI設計
3.ROIの最適化(コストカット)
4.デジタルトランスフォーメーション促進(DX化)

・中小企業やベンチャー企業が求めるCMO像
1.代表者様との新規事業創出の壁打ち
2.マーケティング組織にするための人材の適正配置
3.広告代理店やベンダー企業のコントロール
4.マーケティング部長の代替要員となってほしい、もしくは社内有望人材の育成

上記を見ていけただければ一目瞭然ですが、明らかにCMOへ求めている内容に違いがあります。大手企業は、やはり全体のグランドデザインに近い領域を求める傾向が強いです。複雑化しているコミュニケーションをどう統合し、効果の見極め方などコミュニケーション戦略を、どう数値に落とし込むのかという所にCMO人材を求めているようでした。

中小企業が求めているCMOの人材像

中小企業やベンチャー企業が求めているCMOの人材像は、どちらかというとマーケコンサルに近い人材です。そもそもマーケターがその規模間ですと社内にいないため、社内のマーケティングチームを0から構築できる方や、社内の人材に対してデジタルリテラシーを高めてくれる人材。

つまりインハウスでマーケティングを行える環境を強化してくれる人材が、総じて求められている傾向にあります。

また、ベンチャー企業の代表者は孤独故に、次の成長フェーズに向けて相談相手が欲しいのかと思われます。実際に外部の顧問をメンター役として複数名契約されている、ベンチャー企業が多いのが顕著かと推察されます。

そして、意外に共通意見として多く挙げられた需要が広告代理店のコントロールでした。デジタルリテラシーが適切に理解できる人材が社内にいないと、広告代理店の施策を理解するので手がいっぱいになったり、施策が代理店マターになりがちのため広告代理店との打ち合わせに同席して、適切な結果なのかなどのKGI管理をしてほしいといった要望があります。

どうすれば課題をクリアできるのか?

各社様のフェーズなどによって欲しいCMOが変わってくると思いますので、上記の様な事でお困りでしたら、是非お問い合わせください。「デジパラ」は貴社のマーケティング課題を解決する人材を、プロジェクトとしてアサインさせて頂きます。

「デジパラ」は貴社のDX課題やマーケティング課題を解決します。

◼サイトURL
https://digipara.comix.co.jp/

お気軽にご連絡くださいませ!
次の掲載予定コンテンツは、
『マーケティングができないと企業は成長しない!』です。

事業責任者
吉田沖人(執行役員)
o.yoshida@comix.co.jp

大学を卒業後、2016年度新卒として株式会社コミクスに入社。入社後は運用型広告のチームにて、デジタルプランニングを経験した後に営業部へ転籍。デジタルマーケティング領域の課題解決を中心にコンサルタントとして活動中。2018年9月の24歳で執行役員に就任。営業活動の傍ら、マーケティングのインハウス化を実現させるサービス、「デジパラ」を企画・立案。